益田氏当主をイラスト化 中世益田を地域活性化に生かす

益田氏当主を描いたイラストを紹介する明誠高校の生徒たち=益田市幸町、旅館三好家
 日本遺産・中世益田を地域活性化に生かす「日本遺産セミナー」が29日、島根県益田市幸町の旅館三好家であった。参加者約80人が日本遺産ストーリーの概要を学んだほか、中世に益田を治めた領主・益田氏当主をモチーフに描いたイラストを商品化する高校生の構想に耳を傾け、益田の歴史資源に目を向ける必要性を再認識した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年11月30日 無断転載禁止