女子ログ 光る絵本展in江津

 絵がとてもきれいで、お話もすてきな「えんとつ町のプペル」という、絵本。この絵本の映画の公開に合わせて、島根を回っているラッピングバスでの光る絵本展が昨年の12月、私たちの町にもやってきた。あられも降る寒い日だったが、楽しみにしていた子どもたちを連れて行ってきた。

 おなじみの検温と消毒を終えると、受け付け後にはカイロをもらえるうれしいサービス。絵本の挿絵を光らせる展示と、ラッピングバスでの音楽と光の演出を見て回り、塗り絵を塗って約1時間。大きなイベントではなかったが、楽しく、すてきで、とても満足した。春からずっとイベントのない生活だったので、楽しみに出掛けられる場所があるっていいなと改めて思った。

 クリスマスの時期にぴったりの光る絵本展。島根を回っているこのバスも、イベントが予定より縮小されたところもあったようだ。私たちの町でこの規模で催されたのは、これを届けるために頑張ってくれた人たちがいて、コロナもちょうど落ち着いていたから。いろんなことに感謝をしたい。クリスマスの時期にぴったりの心温まるイベントで、気持ちも充電できた。またしばらく続く自粛生活も過ごせそうだ。

 日々の楽しみが少しずつ戻っていきますように。

 (江津市・珈琲豆)

2021年1月9日 無断転載禁止