安来の富田山荘3月末休館 利用低迷と湯量減少

3月末での休館方針が示された「富田山荘」
 島根県安来市が12日、同市広瀬町富田の温泉宿泊施設「富田山荘」(8室)を3月末で休館する方針を明らかにした。利用低迷による収支悪化や泉源の湯量減少、施設の老朽化などが理由。温泉施設以外での形態による活用方法を今後、民間事業者からの提案も含め検討する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2021年1月13日 無断転載禁止