オリの大器山下、堂々の23球 ドラフト1位を監督べた褒め

 ブルペンで投げるオリックス・山下=宮崎市

 2軍相当のB組メンバーにもかかわらず、1軍の中嶋監督が熱い視線を送ったあたりに、期待の大きさがうかがえた。オリックスのドラフト1位ルーキー山下(福岡大大濠高)が3日、宮崎市で鍛えるキャンプ初のブルペン入り。「これからだなと感じた。トレーニングをこなせば、球も良くなってくるのでは」と落ち着いた口調だった。

 やや緊張の面持ちで登場したが、上背189センチから投げ込んだ姿は堂々としていた。捕手を立たせて23球。力を入れても7割ぐらい、大半は半分程度だったそうだが、監督は「バランスが非常に素晴らしい。スケールの大きさがあり、いいものはいい」とべた褒めだった。

共同通信社 2021年2月3日 無断転載禁止